【2022年】賃貸サイトのおすすめ人気ランキング


賃貸サイトの選び方

賃貸サイトを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

① 用途に合わせて賃貸サイトのタイプを使い分けよう

賃貸サイトは「ポータル型」「自社物件型」「二次掲載型」の3つのタイプに分かれます。それぞれの特徴を把握して、用途に合わせて選びましょう。

物件の質・量ともに充実の「ポータル型」。基本的にこれをつかえばOK

いくつもの不動産会社が物件を掲載している「ポータル型」 は物件の量・質どちらも充実しています。そのため基本的にはこの「ポータル型」のサイトを使うのがおすすめですよ。

同一の物件が複数の不動産会社によって掲載されているため、会社ごとに異なる入居条件やキャンペーンなどを比較できるところが魅力です。また、各社で載せている写真などが異なり画像が充実しているので、物件の情報が豊富な点も嬉しいポイント。

ただし、物件数が多いからこそ使いやすさには注意したいところです。大量の物件からピッタリの部屋を選ぶときには、詳細な検索機能にくわえて、物件リストの一括問い合わせや保存機能があると便利。サイトの使いやすさについてはランキングにも記載してあるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

メーカーや高級物件など特別なこだわりがあれば「自社物件型」も使おう

「自社物件型」はひとつの不動産会社が運営しているサイト。「アパマンショップ」など大手不動産チェーンが運営するサイトや、高級物件だけを扱う「モダンスタンダード」のような独自路線のサイトがあります。自社がもつ物件のみを掲載しているので、そのサイトならではの物件が多い点がメリット。

一方で、ポータル型に比べて物件数や情報量が劣っているところは難点です。「この会社の物件に住みたい」「高級な物件に絞って探したい」という特別なこだわりがある方なら使用してみてもよいでしょう。

「二次掲載型」はほかのサイトで物件が見つからないときに使ってみる

「二次掲載型」は、ほかのサイトから物件情報を提供してもらっているサイトです。物件数は多いものの、情報が古く少ないうえ、問い合わせも面倒。そのため、「ポータル型」や「自社物件型」でよい物件が見つからなかった場合のみ利用すればOK。基本的に優先度は低いと考えてよいでしょう。

ただし、ユーザーの口コミが見られる点は魅力。ほかのサイトで気になった物件の口コミを調べるときには有効ですよ。

② お得に契約できるサイトを選ぼう。キャッシュバックと割引をチェック

賃貸サイトによって割引やキャンペーンは大きく異なります。以下で紹介するポイントに注意して、お得に契約できるサイトを選びましょう。

サイトを通じて契約するとキャッシュバックがもらえるか確認

少しでも引っ越し費用を抑えたいのであれば、キャッシュバックがもらえるサイトがおすすめ。サイトを通じて契約をするだけで、いくらかの払い戻しが受け取れますよ。

じつは同じ物件でも、あるサイトではキャッシュバックが受け取れて、あるサイトでは受け取れないという場合も。まずはポータル型サイトで気になる物件をピックアップし、キャッシュバックがあるサイトで取り扱いがないか確認するのがおすすめです。

ただし、受け取りの条件が細かく、手順が複雑なケースが多いので、受け取りそこねないよう、事前に条件や手順を必ず確認しておきましょう。

割引の有無にも注目。手続きなしで仲介料などの初期費用が割安に

キャッシュバックの受け取り手続きが面倒であれば、仲介料など初期費用の割引があるサイトを選ぶとよいでしょう。割引であれば負担額が減るだけなので、複雑な手続きは不要です。

一部の物件のみ割引をしているサイトと、どの物件でも割引をしてくれるサイトがあるので、どちらのタイプか事前に確認してくださいね。

③ サイトの使いやすさで選ぶ

たくさんの物件のなかから希望の条件にあった部屋を見つけるには、サイトの使いやすさは必須。以下の点に注意して、すばやく理想の物件を探しましょう。

検索項目が詳細なら、好みの部屋もすばやく見つかる

賃貸サイトでは、部屋を検索するときに絞りこめる条件が細かいほど、ニーズに近い物件を探しやすいので、選ぶ手間が少なくなります。そのため、自分のニーズに合った検索項目があるかは必ずチェックしましょう。

例えば、おしゃれな物件を探したい方は「デザイナーズマンション」「タワーマンション」で絞れると便利。きれいな部屋に住みたいけど賃料は抑えたい方であれば「リフォーム・リノベーション済」といった条件で検索できると、理想の条件に近い部屋をすばやく探せますよ。

オンライン内見やパノラマ写真が利用できると部屋のイメージをつかみやすい

オンライン内見やパノラマ写真が利用できると、部屋の雰囲気が手軽にわかるのでおすすめです。

オンライン内見では、スタッフがカメラを持って物件に行き、電話をしながら部屋の様子をビデオで写して見せてくれます。実際に自分が部屋まで行かなくても手軽に雰囲気を把握できるので、遠方へ引っ越しを予定している方や忙しい方など、内見ができない場合はとくに助かるサービスですよ。

掲載不動産会社が多いサイトなら物件の写真も豊富

部屋の雰囲気を知るうえでもサイトに掲載されている写真はとても重要。なるべく、掲載されている写真の数や種類が豊富なサイトを使って、しっかり部屋の雰囲気を把握したいところです。そのためにも、物件を掲載している不動産会社が多いサイトを選びましょう

同じ物件でも不動産会社によってどんな写真が掲載されているのかは大きく異なります。ある不動産会社ではフィルターを掛けてキレイに見える部分だけ掲載している一方、ある会社は老朽化の進んでいる部分の写真まで正直に載せているということも。

サイトに物件を掲載している不動産会社の数が多いほど、見られる写真の数も多くなるので、ぜひ登録前に掲載不動産会社の数にも注目してみてくださいね。

学生や女性の部屋探しは専用の検索タグや特集があると便利

学生や女性の部屋探しなら、「学生におすすめ」「女性におすすめ」などの検索タグがあったり、特集が組まれていたりするサイトだと便利です。これらの機能があると、学生や女性ならではのニーズが反映された物件を見つけられますよ。

学生の場合は、大学名を検索すると学校周辺のおすすめ物件や学生限定マンションが表示されるサービスがあると便利。初めてのひとり暮らしは、学生だけが住むマンションで安心して始めたいという方はぜひ活用してみましょう。

また、女性の引っ越しなら、女性におすすめというカテゴリがあると部屋探しが便利に。オートロックや独立洗面台などの条件が揃った部屋や、女性限定マンションをまとめて検索できますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。